世界の風俗の特徴をご紹介

海外の風俗について

海外にはさまざまな風俗があるとされているのですが、日本と海外との風俗の違いはどこにあるのでしょうか。
まず決定的な違いとしては、本番があることが前提な場合が多いということです。
本番行為までもがサービスとして適用されているということです。
日本のサービスの場合は、本番行為は禁止されているのですが海外の場合は適法となっていのです。 要するに、セックスをして金銭を受け取ったとしても、それには違法性はないのです。
では、世界の風俗はどのようなものとなっているのでしょうか。

日本の場合は売春防止法が1958年に施行されており
売春や買春と呼ばれる行為は法律で禁止されています。
ですが、売春は禁止ですが、本番なしというサービスがサービスとして成り立っているのです。

ドイツの風俗について

ドイツの風俗は、2002年に売春が合法になっており
売春婦というのは職業のひとつとしてみなされているところがあります。
世界でも珍しい税金制度であるセックス税というものがあります。
風俗業界で働いている売春婦一人ずつから、一定の税を取る仕組みができているのです。
FFKというものがあり、サウナクラブと呼ばれるものです。
これはスーパー銭湯のようなものをイメージすると良いでしょう。
入場料を払って入ると浴場があって、休憩室、お食事どころなんかがあってくつろぐことができるところとなっています。
何が違うといったら、男女共に全裸であるというものです。

中にいる女性は風俗嬢であり、男性からの指名を待っているのです。
料金的には入場料が9000円、プレイ料金が10000円前後となっているのです。
ちなみに、ドイツには、エロスセンターと呼ばれる国営の風俗店があるのです。
一部屋ごとに女の子がいて、好きな子を選んでサービスを受けるというもので
料金的には5000円から20000円程度となっています。

マカオの風俗

マカオは世界的にもギャンブルの都市として知られているところですが、風俗の都市としても知られています。
マカオサウナと呼ばれるものがありますが、これは営業許可を得ている風俗店です。
サウナには、大浴場、リラックススペースなどがあるのですが、そこは24時間過ごし放題となっています。
マカオサウナは定期的にショータイムが開かれていることが特徴的であり
店の中に並んだ女の子の中から好みの子を指名できるようになっています。
指名された女の子とは、個室に行ってそのままプレイが始まるというものです。

INFO

当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。

NEW COLUMN

CATEGORY